先生

目の健康を守る方法

予防の方法

先生

40歳以降の中高年の目の病気として発症する可能性が高いのは、白内障と緑内障です。 白内障は、目のレンズの役割を果たしている水晶体が白くにごる病気で、症状としてはまぶしいと感じたり、物がかすんで見えたりします。水晶体は紫外線の影響を受けやすいため、日差しが強い時にはサングラスや眼鏡をかけたり、帽子をかぶることでも予防の効果があります。また赤外線にも注意が必要なため、仕事で赤外線を浴びる環境にある人は注意が必要です。 緑内障は、視神経に障害が起きて視野が欠けてしまう病気です。初期の頃は自覚症状がないのが特徴で、徐々に視野が欠けていることに気づきます。糖尿病や高血圧などが要因となることも多いので、生活習慣病の予防に努めることが緑内障の予防にも繋がります。

早めの発見と治療

近年、緑内障も白内障も若年化の傾向があり、また全体の患者数も増えてきています。そのため、自分はまだ大丈夫と過信せずに、おかしいなと感じたら早めに眼科を受診することが大切です。 白内障は早期発見の場合、進行を遅らせるための眼薬を用いた薬物療法が行われます。また、最近では白内障手術の安全性と手術成績が向上しているため、視力が落ちきっていない場合でも生活に支障を感じているという理由から早めの手術を決断する人が多くなっています。 緑内障は自覚症状が現れた時には症状が進行してしまっています。早期に発見して薬物療法、レーザー療法、手術を行うことで進行を抑えることが必要です。人間ドックで行われる眼圧検査で発見されることも多いので、年に1回は健診を受けることが大変有効です。

目の健康を考えた生活

目

眼精疲労を感じたら早めの対策が必要としていきますが、それには眼科での目の検査や自分自身の取り組みもいります。毎日の生活で目をいたわる心得が大事であり、職場などでもその都度アイケアを行っていくようにします。

詳細を確認する...

目の病気の予防と治療

眼科

緑内障は初期では自覚症状がないため、予防や早期発見が大切です。生活習慣やストレスに気を付けて病気にならないことが緑内障の予防にもつながります。緑内障の治療では、実績のある専門外来を開設している病院が人気を集めています。

詳細を確認する...

目の老化による病気

目

目は毎日使用する器官なので、どうしても衰えや悩みが出てきてしまいます。中には飛蚊症というものもありますが、場合によっては眼科へ行って検査が必要になってくることがあります。

詳細を確認する...