先生

目の病気の予防と治療

予防方法について

眼科

緑内障は眼圧が高くなることによって視神経に障害がおこり、視野が欠けてしまう病気で、40歳以上の17人に1人がかかるとも言われています。しかし、片目に症状が表れていても、もう片方の目でカバーされてしまうため、初期の段階ではほとんどの場合自覚症状がありません。実際に視野が欠けていると気づいた時には症状が進行してしまっていることが多いため、予防や早期発見が重要になります。緑内障の原因としては、遺伝や加齢のほかに、糖尿病、高血圧、自律神経失調症などの病気が要因になることもあります。そのため、緑内障の予防策としては生活習慣やストレスに十分に気を付けて、これらの病気を発症しないようにすることが基本です。また人間ドックで眼圧検査を定期的に受けることも大切です。

治療方法について

緑内障の治療で人気があるのは、緑内障の専門外来がある病院です。緑内障は、慢性型や急性型をはじめとするさまざまなタイプがあり、発症した患者ごとに治療や経過が異なるといわれているとても難しい病気です。そのため、経験や実績の豊富な緑内障の専門医が常駐して、最新の検査機器や診断装置で診断してもらえる専門外来がある病院を受診すると安心できます。また、専門外来では手術の臨床実績も豊富で、レーザー手術をはじめ、結膜と強膜を切開するトラベクロトミー、線維柱帯を電気メスで切除する線維柱帯内壁切除術など、最新の技術を使用した安全性の高いさまざまな手術を行っています。